賃貸オフィスや貸事務所でビジネス効率UP|賃貸でビジネスを安泰に

オフィス

本当の価値

資産価値に影響するマンション管理

ビル

現在日本にある分譲マンションの数は500万戸を超えていると言われています。実に10世帯に1世帯はマンションに住んでいることになります。そのマンションは中古市場でも頻繁に売買されていますが、その売買に携わる不動産会社で働く人々に暗黙の了解があるのはご存知でしょうか。それは「マンションは管理を買え」ということです。見た目が立派なマンションでも、管理がひどければ不動産会社の人々はそのマンションの価値を大きく下げて評価します。逆に管理の良いマンションであれば、築年数に関わらず高い評価を下すのです。そのようにマンションの価値にまで影響を与えるマンション管理。しかしマンションに住んでいる方の多くは日中働いており管理ができません。そこでマンション管理会社の出番となるのです。

マンション管理会社と上手に付き合いましょう

マンションの資産価値にも影響するマンション管理。一言にマンション管理と言っても管理は多岐にわたります。日々のマンションの清掃から始まり、管理費などの滞納の集金業務、円滑な管理組合の運営、そして10年に1度は必ず訪れる大規模修繕工事への備えなどするべきことは多いのです。しかしこれらの管理には知識や経験が必要な分野があります。大規模修繕工事への備えるためには、毎月修繕費を集金し積み立てていく以外にも、どのような工事をするべきか、どのようにしたら安く工事を済ませられるかなど建設や不動産の知識が必要になります。そのような知識や経験を持ってサポートしてくれるのがマンション管理会社です。マンション管理会社は管理組合と委任契約を結び、清掃や設備点検、そして大規模修繕工事への備えなどマンション管理に必要なことを請け負ってくれるのです。管理こそマンションの最も重要な事です。信頼できるマンション管理会社に管理を委託して、価値あるマンションにしたいものです。