賃貸オフィスや貸事務所でビジネス効率UP|賃貸でビジネスを安泰に

オフィス

選び方を知る

マンション管理会社の選び方

ビル

分譲マンションの建設が行われた当初はマンション管理はマンション入居差の管理組合が行っていました。管理組合では理事会を構成しており日常の運営は理事会の理事長を中心にして行われていました。重要なことは入居者全員で構成する総会の決議で決定しておりました。理事会は基本的に住民が順番にやることになっていました。しかしながら、忙しい住民は理事会に参加しないようになり、理事会のメンバーが固定化するようになり、修繕工事などの発注が理事の関係する業者で行われる等の不透明な行為が行われるようになりました。こうしたことに対応するためにマンション管理会社が設立され、各地の管理組合からマンション管理を受託するようになりました。

管理会社の見直しも必要である

マンション管理会社はその業務の性質から規模のスケールメリットが期待されます。したがって最近はマンション管理会社同士のM&Aが盛んに行われるようになっています。また、マンション管理会社はマンション分譲会社の子会社の位置づけで設立されるケースが多く、分譲会社の天下り先になっているケースも多くなっています。管理組合としては一旦マンション管理会社に管理業務を委託したとしても、定期的にマンション管理会社の運営状況を確認のうえ、必要に応じては管理会社の交替を提案することも必要です。お互いに緊張感を持って付き合うことによってマンション管理の水準が向上することが期待できるからです。マンション管理会社の良し悪しによってマンションの価値に差が出ることが考えられますので重要なことです。